FC2ブログ

狛犬様 諏訪大社 下社秋宮

諏訪大社 下社秋宮
長野県諏訪郡下諏訪町
下社秋宮狛犬1
強そうでカッコいい

下社秋宮狛犬2
下社秋宮狛犬3
下社秋宮狛犬4
下社秋宮狛犬5
関連記事

諏訪の旅13

【下社秋宮幣拝殿】
36下社秋宮幣拝殿1
二重楼門造りと呼ばれ、二階には跳勾欄(先の反った欄干)を回し全体に見事な彫刻が施されている。
安永十年(1781年)に初代(立川流)棟梁立川和四郎富棟によって造営された。

37下社秋宮幣拝殿2
美しいです

38下社秋宮幣拝殿3
柱の模様が気になってしまった・・・。

39下社秋宮天覧の白松
【天覧の白松(三葉の松)】
お財布に三葉の松葉を入れておくと良いって。。。。
探したけど、さっぱり無かった秋がいいのかな。

40稲荷社・若宮社
【稲荷社・若宮社】

41下社秋宮御柱
遠くに御柱。

42下社秋宮
秋宮もとても気持ちの良いところだった
43下社秋宮


四社巡って。
44諏訪大社
蕎麦落雁をいただきました。
美味しい〜

諏訪大社、とてもステキなところ。
参拝客の少ない季節に訪れたので、とてもゆったり出来てハッピーな参拝となった。
関連記事

theme : 国内旅行
genre : 旅行

諏訪の旅12

諏訪大社下社秋宮へ到着。
30下社秋宮手水舎

31下社秋宮御神湯
【御神湯】
あちちち結構熱いお湯が出ているので注意だね。

32下社秋宮根入杉
【根入りの杉】
推定樹齢600~700年。丑三つ時になると枝先を下げて寝入り、いびきが聞こえるという。
子供に木の小枝を煎じて飲ませると、夜泣きが止まると言われている。

寝つきが良くなるように、小枝を一つ頂いてきた!

33下社秋宮神楽殿
【神楽殿】
天保六年(1835年)立川和四郎 二代目棟梁富昌により落成した。
三方切妻造と呼ばれる様式。正面の大注連縄は御柱際毎に新しく奉製され、重量は約1トンある。

鹿島社、賀茂上下社、八坂社と並んで
34下社秋宮子安社1
【子安社】
昔から安産の信仰があり、お諏訪さまでのご祈祷をされた後「子安社」に底の抜けた柄杓でお供えをして祈願すると良いと伝えられている。
35下社秋宮子安社2
子安社には「男女石」のご神体が奉られていて「男女石」にふれた後に
どちらか授かりたい方のご神体にもう1度ふれると良いらしい
関連記事

theme : 国内旅行
genre : 旅行

諏訪の旅11

春宮から秋宮へ向かう途中で。

25龍の口
【龍の口】
江戸時代中期 山田金右衛門の作。
長い石段を登ると慈雲寺がある。


26矢除石
【矢除石】
慈雲寺の境内にあるこの石に天桂上人は立って「私を弓で射てみよ」と
至近距離から射かけさせたところ矢は全て岩で跳ね返されて上人には一本も当たらない。
不思議に思った信玄が尋ねてみると「この石には矢除けの霊力がある」とのこと。
信玄は、この念力がこもった矢除札を受け勇躍戦場に向かったという言い伝えのある石である。


【御作田社】
27御作田社1

28御作田社2
諏訪大社の末社。

29御作田社3
「この神田に植えられた稲は1ヶ月で穂が出る」といわれ「諏訪大社下社七不思議」のひとつに数えられている。
毎年6月30日に御田植神事が行われる。
この日は、草ボーボー

町中には色々なところがあるので、立ち寄りながら行くのが面白いかも。
関連記事

theme : 国内旅行
genre : 旅行

*+*+ 葉っぱと空と +*+*

あー楽しかった!って言えるように

ななんくみ

Author:ななんくみ
好きなもの、楽しい事を
沢山みつけたら
もっと愉快にすごせそう♪
そんな日々を書き書き。

写真をちょびっと。
陶芸をちょ~~びっと。
古い建物好き→→→
神社仏閣巡り好き。

木々とお空に癒されます。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロともさん


季節を感じて

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

カウンター

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示